当社と順天堂大学(東京都文京区、学長:新井 一、大学院医学研究科産婦人科学:河村 和弘・板倉 敦夫・北出 真理)は、不妊治療の手法のひとつとして、女性の卵巣機能不全の改善を目的とした共同研究契約を締結いたしました。本研究は、PRP(多血小板血漿)を加工したPFC-FDもしくはエクソソームを卵巣内に投与することで、卵胞発育誘導や卵子機能改善法の開発を目指すものです。

プレスリリースはこちら