北海道大学大学院総合化学院博士後期課程・日本学術振興会特別研究員の小松雄士氏,同工学研究院の渡慶次学教授らの研究グループは,血液中のリチウムイオン濃度を測定可能な紙を基材とした安価な検査デバイスの開発に成功しました。

プレスリリースはこちら