2020年3月5日に発表した新型コロナウイルス向けDNAワクチンの大阪大学との共同開発に関して、ワクチン接種後の代謝変動解析において、メタボロミクス技術を保有するヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社(HMT社)が新たに参画することが決定いたしました。当社とHMT社は、同社の保有するメタボロミクス技術を用いて、ワクチン接種後の生体内の経時的な代謝変動を分析し、抗体価等の生体情報の変動とあわせて解析することによりその関連性の研究を共同で進めてまいります。さらに、ワクチンの有効性等の評価指標となるバイオマーカーの探索を共同で進めてまいります。

プレスリリースはこちら