当社は、抗IL-21(インターロイキン21)アプタマーを用いた肺動脈性肺高血圧症(PAH)に対する新薬の開発研究を、国立循環器病研究センターと共同で進めてきましたが、今般、当該開発研究が国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の難治性疾患実用化研究事業の治験準備(ステップ1)研究として採択されましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら