BioNTech SE社とファイザー社は、ドイツ規制当局のPaul-Ehrlich-InstitutがBioNTechのCOVID-19感染症の予防を目的としたBNT162ワクチンの第1/2相試験開始を承認したことを発表しました。BioNTechとファイザーはBNT162ワクチンを共同開発しています。本試験はドイツで実施されるCOVID-19ワクチン候補の最初の臨床試験で、グローバル開発プログラムの一部です。両社はまもなく規制当局の承認が得られる見込みの米国でもBNT162の臨床試験を実施する予定です。

プレスリリースはこちら