東海大学医学部医学科基礎医学系分子生命科学助教 大友麻子、同講師 中川草、奨励研究員 上田真保子、工学部応用化学科教授 岡村 陽介、東京工業大学生命理工学院講師 藤枝俊宣、早稲田大学理工学術院教授 武岡真司の共同研究グループでは、立体的な微細溝加工を施した高分子超薄膜(ナノシート)を培養基材として用いることで、培養神経細胞の均一性を担保するとともに、神経細胞の分化が促進されることを見い出しました。

プレスリリースはこちら