北陸先端科学技術大学院大学、先端科学技術研究科物質化学領域の都 英次郎准教授らはフランス国立科学研究センターのアルベルト・ビアンコ博士ら(同センター、細胞分子生物学研究所、フランス・ストラスブール)と共同で、多機能性グラフェンを活用した新しいガン分子標的治療技術の開発に成功した。

プレスリリースはこちら