アストラゼネカおよびMerck&Co.,Inc.,Kenilworth,N.J.,U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は本日、米国食品医薬品局(FDA)がキナーゼ阻害剤であるKOSELUGO(一般名:セルメチニブ)を、神経線維腫症に関連する症候性・手術不能な叢状神経線維腫(PN)を有する2歳以上の小児の神経線維腫症I型(NF1)を適応症とする治療薬として承認したことを発表しました。

プレスリリースはこちら