糸状菌が生産するジテルペノイドピロン(DP)類にはポリケタイドとテルペノイドのハイブリッド型天然化合物群があり、様々な活性化合物を含む重要な医薬資源です。わずかな構造の違により様々な薬理活性が発現するユニークな性質から、多様な構造展開が望まれる化合物群です。しかし、複雑な構造が化学合成による供給や構造展開の障害となり、薬理活性評価が十分になされていない状況でした。今回、研究グループは、合成生物学的な手法を応用し、DP類の生合成経路を麹菌内で自在に設計することで、遺伝子資源から医薬シーズ探索に有用なDP類ライブラリーの作製に成功しました。また、有用薬理活性天然化合物を発見しました。

プレスリリースはこちら