アストラゼネカは、4月10日、アストラゼネカのタグリッソ(一般名:オシメルチニブ、以下、タグリッソ)が第III相ADAURA試験において顕著な有効性を示したことにより、独立データモニタリング委員会(IDMC)の勧告に従って早期に非盲検化されることを発表しました。ADAURA試験は、完全腫瘍切除したIB期、II期、IIIA期の上皮成長因子受容体遺伝子変異陽性(EGFRm)非小細胞肺がん(NSCLC)患者さんを対象に術後補助療法としてのタグリッソの評価を行う第III相臨床試験です。

プレスリリースはこちら