武井智彦 白眉センター特定准教授は国立精神・神経医療研究センターと共同で、随意運動中に脊髄と大脳皮質一次運動野が、筋肉との間に別々の感覚運動ループを形成して筋力を発揮していることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら