当社は、現在、滲出型加齢黄斑変性治療薬として米国で第II相臨床試験を進めているRBM007(抗FGF2アプタマー)を用いた、軟骨無形成症を対象疾患とする新薬の治験計画届書を、審査当局である独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA;Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)に提出完了いたしましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら