2020年3月5日に発表した新型コロナウイルス向けDNAワクチンの大阪大学との共同開発に加えて、新たにペプチド技術を用いた次世代ワクチン開発に向けて大阪大学発スタートアップ企業である株式会社ファンペップ(以下ファンペップ社)が参画することが決定いたしましたのでご報告いたします。ファンペップ社は、独自のアジュバントを活用したペプチド技術を用いたワクチン開発を進めており、既に海外で臨床治験を実施しています。ファンペップ社のペプチド技術を用いることにより、抗体産生力が高く、より有効性の高い次世代ワクチンの開発を目指します。現在開発を進めているワクチンに加えて、抗体産生力向上が期待されるため、ワクチンの投与量・回数の減少、より強力な感染予防効果や重症化が抑えられるなどの臨床的なメリットが期待され、当社としては新型コロナウイルスに対するワクチンの有効性を今後とも高めていく予定です。

プレスリリースはこちら