国立大学法人大阪大学(大阪府吹田市、総長:西尾章治郎、以下「大阪大学」)とアンジェス株式会社(大阪府茨木市、代表取締役社長:山田英、以下「アンジェス」)が2020年3月5日に発表した「プラスミドDNA製造技術を用いた新型コロナウイルス向け予防用DNAワクチンの共同開発」において、臨床開発を促進するため、医薬品開発支援機関としてEPSグループが参画することが決定いたしました。

プレスリリースはこちら