CSLベーリング株式会社(本社 東京都港区、代表取締役社長 ジャン・マルク モランジュ)は、2020年4月3日、10%液状静注用人免疫グロブリン製剤「ピリヴィジェン」に対し、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(以下、CIDP)の適応について従来の5g/50mL, 10g/100mL, 20g/200mLに加え、2.5g/25mLの剤形が承認されたことをお知らせいたします。

プレスリリースはこちら