細胞増殖因子は、組織の再生や保護、ES/iPS細胞などの幹細胞の分化を促すたんぱく質であり、再生医療分野への応用が広く期待されています。しかし、細胞増殖因子は熱的に不安定な物質であり厳密な品質管理が必要とされること、また、製造に生物を用いた高コストな生産過程を要することが応用面における大きな課題となっています。

プレスリリースはこちら