当社は、このたび、悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス」(一般名:ブレンツキシマブ ベドチン、以下「アドセトリス」)ついて、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品評価委員会(CHMP)より、未治療の全身性未分化大細胞リンパ腫(sALCL)と診断された成人患者に対するフロントライン治療として、CHP(シクロホスファミド+ドキソルビシン+プレドニゾン)との併用療法に関する適応追加承認を推奨する旨の見解が示されましたので、お知らせします。今回のCHMPの肯定的見解は、未治療のsALCL患者を含むCD30陽性末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)患者において、アドセトリスとCHPの併用療法を、標準治療であるCHOP療法(シクロホスファミド+ドキソルビシン+ビンクリスチン+プレドニゾン)と比較評価した臨床第3相試験ECHELON-2の結果に基づくものです。アドセトリスは、sALCLを含む複数のタイプの末梢性T細胞リンパ腫の表面に発現しているCD30抗原を標的とした抗体薬物複合体です。

プレスリリースはこちら