奥野友紀子 医学研究科特定講師、北所健悟 京都工芸繊維大学准教授、神谷重樹 大阪府立大学教授、引間孝明 理化学研究所研究員、山本雅貴 同部門長らの研究グループは、黄色ブドウ球菌が産生する病原因子の1つである「リパーゼ(SAL)」の立体構造をX線構造解析の方法を用いて、世界で初めて解明しました。

プレスリリースはこちら