国立研究開発法人 産業技術総合研究所生物プロセス研究部門バイオデザイン研究グループ 奥田 徹哉 主任研究員は、生体分子の一つである“糖鎖”を認識する抗体の作製を容易にする化合物(人工糖脂質)を開発した。また富士フイルム和光純薬株式会社と共同で、今回開発した人工糖脂質によって肝細胞がんの診断に利用できる抗体を産生できることを示した。

プレスリリースはこちら