山本由美 iPS細胞研究所研究員(現・国立循環器病研究センター研究員)、井上治久 同教授らの研究グループは、曽根正勝 医学研究科特定准教授、猪原匡史 国立循環器病研究センター部長らの研究グループと共同で、遺伝性脳小血管病CADASIL患者のiPS細胞から血管壁細胞を分化誘導し、その病態を試験管内で再現することに成功しました。

プレスリリースはこちら