株式会社ユーグレナは、東京医科歯科大学の安達貴弘准教授との共同研究により、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ、以下「ユーグレナ」)およびその特有成分・パラミロンの腸管における影響をリアルタイムに観察し、食シグナルとして免疫細胞や神経細胞に作用することを示唆する研究結果を確認しました。

プレスリリースはこちら