北海道大学大学院歯学研究院の飯村忠浩教授らと旭化成ファーマ株式会社の共同研究グループは、骨粗鬆症治療薬PTH製剤(テリパラチド)による疼痛軽減作用の解明に成功しました。

プレスリリースはこちら