井上治久 iPS細胞研究所教授、竹内啓喜 同研究員(現・国立病院機構南京都病院医長)、今村恵子 同特定拠点講師らの研究グループは、樋口真人 量子科学技術研究開発機構部長らの研究グループと共同で、タウオパチーを呈する認知症の鍵分子であるタウ蛋白に対する点鼻ワクチンを、遺伝子治療用のセンダイウイルスベクターを用いて作製しました。遺伝子治療用のセンダイウイルスベクターを用いて作製しました。

プレスリリースはこちら