当社は現在、日本国内にて体性幹細胞再生医薬品 MultiStem(当社開発コード:HLCM051)を用いて、脳梗塞急性期及び急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を対象とした治験を実施しております。ARDS に対する治療法の開発においては、肺炎を原因とした ARDS 患者を対象とした、有効性及び安全性を検討する第II相試験(治験名称:ONE-BRIDGE 試験)を実施しており、組み入れは順調に進んでいます。

プレスリリースはこちら