2020年3月5日に発表した新型コロナウイルス向けDNAワクチンの大阪大学との共同開発に対して、厚生労働省より「新興・再興感染症のリスク評価と危機管理機能の実装のための研究」をテーマとした厚生労働科学研究費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業:分担研究者 大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学 寄附講座教授 森下竜一)に採択されましたことをご報告いたします。厚生労働省の支援によって新型コロナウイルス向けDNAワクチンの共同開発を加速化させてまいります。

プレスリリースはこちら