中外製薬、アクテムラ、重症COVID-19肺炎による入院患者を対象とした臨床試験の実施につき、ジェネンテック社がFDAの承認を取得

(2020.03.25 11:51)

 ジェネンテック社(ロシュ社のグループ企業)は3月23日、当社が創製したヒト化抗ヒトIL-6レセプターモノクローナル抗体「アクテムラ」[一般名:トシリズマブ(遺伝子組換え)]について、米国生物医学先端研究開発局(BARDA)と共同で実施する無作為化二重盲検プラセボ対照第III相臨床試験の実施につき米国食品医薬品局(FDA)の承認を取得したことを発表しました。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧