脳内報酬物質といわれるドーパミンの2型受容体(D2受容体)は抗精神病薬の主要な標的ですが、シナプスや行動の制御機序は不明でした。東京大学 大学院医学系研究科・IRCNの飯野祐介 研究員、澤田健 大学院生、山口健治 研究員、河西春郎 教授、柳下祥 講師およびIRCN・京都大学 工学部 情報学研究科の石井信 教授らのグループは、マウスの行動実験において光による神経活動の操作・観察技術を組み合わせることで、環境情報から報酬を予測する記憶が間違っていた際に側坐核で生じるドーパミンの一過性低下をD2受容体発現細胞が検出し、間違った記憶を訂正していることを発見しました。

プレスリリースはこちら