順天堂大学大学院医学研究科環境医学研究所・順天堂かゆみ研究センターの髙森建二 特任教授、鎌田弥生 助教らの研究グループは、既存の治療薬が効果を示さない「難治性かゆみ」の発症抑制に関わるタンパク質「セマフォリン3A(Sema3A)」の産生メカニズムを解明しました。

プレスリリースはこちら