富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、バイオ医薬品の生産能力を拡大するため、バイオ医薬品CDMOの中核会社であるFUJIFILM Diosynth Biotechnologies(以下FDB)の英国拠点に約90億円を投じて製造設備を増強します。本設備は、微生物培養によってバイオ医薬品の原薬を製造するためのもので、2022年以降の稼働を予定しています。

プレスリリースはこちら