九州大学生体防御医学研究所の中山敬一 主幹教授、医学系学府博士課程4年の小玉学 大学院生と新潟大学大学院医歯学総合研究科の松本雅記 教授らの研究グループは、次世代プロテオミクス技術であるiMPAQTシステムを駆使したがん代謝解析から、悪性のがんではグルタミン由来の窒素をDNAの合成に利用するための代謝系が亢進していること(窒素シフト)を明らかにしました。

プレスリリースはこちら