当社は、本日開催の取締役会において、韓国AJU薬品株式会社(以下、「AJU薬品」といいます。)との間で、韓国・東南アジア地域(シンガポール・フィリピン・タイ・ベトナム・インドネシア・マレーシア・ラオス・カンボジア・ミャンマー。以下、「本テリトリー」といいます。)におけるRBM-007の滲出型加齢黄斑変性(wet-AMD)を適応疾患とするライセンス契約を締結することを決議し、本日付で本契約を締結しましたので、お知らせします。本契約の締結により、AJU薬品は、RBM007の本テリトリーにおける占的開発権並びに販売権を取得します。又、当社は、AJU薬品より、契約一時金として1百万USドル(約105百万円)を受領、今後、RBM-007の開発段階に応じて、開発マイルストンとして最大5百万USドル(約525百万円)、合計最大6百万USドル(約630百万円)を受け取る権利を取得します。又、AJU薬品による販売に際しては、当社が、AJU薬品に対し、ロイヤリティを含めた製品供給価格でRBM-007製品を供給します。

プレスリリースはこちら