理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター合成ゲノミクス研究グループの栗原志夫研究員、蒔田由布子研究員、松井南グループディレクター、開拓研究本部岩崎RNAシステム生化学研究室の岩崎信太郎主任研究員らの研究チームは、植物が環境変化を経験したときに起こる翻訳変化の一端を解明しました。

プレスリリースはこちら