2020年3月5日に発表した新型コロナウイルス向けDNAワクチンの大阪大学との共同開発に関して、新たに細胞内へ薬剤を送達する新規投与デバイス技術で株式会社ダイセル(以下ダイセル社)が参画することが決定いたしましたのでご報告いたします。投与の際に本新規投与デバイス「アクトランザ ラボ」を使用することにより、遺伝子発現効率を上げることでDNAワクチンの抗体産生力を上げることが可能となり、より有効性の高いDNAワクチンの開発が可能となります。これにより、当社と大阪大学による共同開発に加え、ダイセル社の新規投与デバイスを用いた薬剤送達技術での抗体産生力の増強、プラスミドDNAの製造技術と製造設備を有するタカラバイオ株式会社の製造と、開発から製造までの一貫したプロセスで、6カ月以内の出来る限り早い時期の臨床試験開始を目指します。

プレスリリースはこちら