東京大学 大学院薬学系研究科の坂本 眞伍 大学院生、小松 徹 特任助教、浦野 泰照 教授、理化学研究所 開拓研究本部 渡邉分子生理学研究室の渡邉 力也 主任研究員、東京大学 大学院工学系研究科の野地 博行 教授、名古屋市立大学 大学院薬学系研究科の中川 秀彦 教授、国立がん研究センター 研究所の本田 一文 部門長らの研究グループは、血液中の酵素を「1分子」レベルで区別して検出する新たな方法論を開発し、疾患と関わる酵素活性異常を超高感度に検出する病態診断法の可能性を示しました。

プレスリリースはこちら