当社が創出した選択的ナトリウムチャネル遮断薬の物質特許の一つであるピロロピリジノン誘導体(出願番号10-2014-7032850)は、これまで韓国で審査中でありましたが、本日、特許査定の連絡を受けましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら