理化学研究所、農研機構、日本大学生物資源科学部、東北大学、かずさDNA研究所の共同研究チームは、マメ科植物と根粒菌の共生に関わる重要な遺伝子を発見しました。窒素は植物の生育に必須な養分ですが、大気中に大量に存在する窒素を植物が直接利用することはできません。根粒菌はマメ科植物の根に住みつく土壌細菌で、空気中の窒素を植物が利用できるアンモニアに変え、マメ科植物に供給します(共生窒素固定)。一方、根粒菌の中には、マメ科植物に住みつくものの、窒素固定をほとんど行えない菌(不良根粒菌)があります。今回、窒素固定の低下を引き起こす原因となる根粒菌の遺伝子と、その効果を打ち消すマメ科植物の遺伝子を発見しました。本成果は、マメ科植物と不良根粒菌の非効率な共生を改善し、共生窒素固定の農業へのさらなる有効活用につながることが期待できます。

プレスリリースはこちら