胆管がんは治療が難しく、治療後の経過も悪いがんの一つです。胆管がんには胆管内乳頭状腫瘍と呼ばれる特徴的な形態を示す腫瘍が観察されますが、胆管内乳頭状腫瘍が臨床的にどのような意味を持つかについては不明の点が多く、論争の的となっていました。

プレスリリースはこちら