国立研究開発法人国立がん研究センター研究所細胞情報学の高阪 真路 主任研究員、間野 博行 分野長、順天堂大学人体病理病態学講座の林 大久生 准教授、同大呼吸器外科学講座の高持 一矢 准教授らの研究グループは、軽喫煙者・非喫煙者の肺腺がんの悪性化に関わるメカニズムを解明し、発がんの原因となる遺伝子変異を新たに明らかにしました。

プレスリリースはこちら