当社は、このたび、コントロール不良のセリアック病の治療薬であるTAK-062(Kuma062)の臨床第1相試験としてのproof-of-mechanism試験(作用機序の確認試験)の結果を受け、PvP Biologics, Inc.(以下「PvP社」)を買収しましたのでお知らせします。TAK-062は、ベストインクラスとなり得る、極めて強力なスーパーグルテナーゼです。本薬は、摂取したグルテンを分解するタンパク質であり、グルテンの摂取によって小腸に炎症や損傷がもたらされる深刻な自己免疫疾患であるセリアック病の治療薬としてコンピュータで人工的に設計されました。臨床第1相試験では、健常人とセリアック病患者の両方でTAK-062の安全性と忍容性を検討しました。摂取したグルテンに対するTAK-062の分解能については、健常人を対象として検討しました。当社は、今後の医学会で本臨床第1相試験の結果を発表するため、学会にデータを提出する予定です。

プレスリリースはこちら