フランス・パリ-2020年2月18日-サノフィにてワクチンを手掛けるグローバルビジネスユニット(GBU)であるサノフィパスツールは、SARS(重症急性呼吸器症候群)ワクチンの開発で得た知見を活用し、新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチンの速やかな開発を目指します。サノフィは、米国保健福祉省(HSS)事前準備・対応担当次官補局(ASPR)の一部門である米国生物医学先端研究開発局(BARDA)と長きにわたるパートナーシップを築いており、今回はこの連携を拡大し、開発を進めます。

プレスリリースはこちら