医薬品等の機能性分子中に数多く見られるエステルやアミドといったカルボニル基の原料として、カルボン酸は入手性・安定性・変換反応の多様性の観点から理想的な構造をもつ有機酸の一つです。さらに、近年では新たに医薬品などの原料としての利用も広まりつつあり、より多様な化合物を簡便に合成するためにカルボン酸の効率的な分子変換技術の開発は重要な研究課題です。

プレスリリースはこちら