中外製薬株式会社は抗悪性腫瘍剤/抗PD-L1ヒト化モノクローナル抗体「テセントリク点滴静注1200mg」[一般名:アテゾリズマブ(遺伝子組換え)]および抗悪性腫瘍剤/抗VEGFヒト化モノクローナル抗体「アバスチン点滴静注用100mg/4mL、同400mg/16mL」[一般名:ベバシズマブ(遺伝子組換え)]について、切除不能な進行・再発の肝細胞がん(HCC: hepatocellular carcinoma)に対する承認申請を、本日、厚生労働省に行いましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら