中外製薬、産学連携全国がんゲノムスクリーニング「SCRUM-Japan」第三期プロジェクトにおけるFoundationOne Liquidに関するパートナーシップ契約締結について

(2020.02.14 10:35)

 ファウンデーションメディシン社および中外製薬株式会社は、国立研究開発法人国立がん研究センターと、国内最大規模を誇る産学連携全国がんゲノムスクリーニングプロジェクトである「SCRUM-Japan」の第三期プロジェクトにおいて、FMIの血液を用いた遺伝子解析(リキッドバイオプシー検査)FoundationOne Liquidの利用に関する契約を締結したことをお知らせいたします。本プロジェクトは、国内およびアジアを対象とした幅広い地域で、医療機関と連携しゲノムスクリーニングを行うことで、革新的なバイオマーカーを用いたがん治療における個別化医療の高度化の促進を目指します。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧