岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構(IMM、機構長 佐々木真理)報解析部門の清水厚志教授と、九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野の二宮利治教授を中心とした研究チームは、ゲノム情報に基づく脳梗塞発症のリスク予測法(iPGM)と、全国平均とほぼ同じ年齢・職業分布で一般的な日本人集団を対象にした久山町研究の追跡調査のデータを用いて、遺伝的体質と脳梗塞発症の関連を調査し、iPGM の有用性を示しました。

プレスリリースはこちら