北海道大学北方生物圏フィールド科学センターの宗原弘幸教授と同大学院水産科学研究院の鈴木将太学術研究員らの研究グループは,半クローン生物が組み換え世代を取り入れることで,ゲノムをリフレッシュし,遺伝的多様性を獲得していることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら