九州大学大学院医学研究院の三浦岳教授と大学院医学系学府博士課程 4年杉原圭大学院生の研究グループは、同大学先導物質化学研究所の木戸秋悟教授、佐々木沙織特任助教(研究当時)および名古屋市立大学の植村明嘉教授との共同研究で、血管においてペリサイトと呼ばれる細胞が内皮細胞を包み込むメカニズムを明らかにしました。

プレスリリースはこちら