アストラゼネカおよびMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A(北米およびカナダ以外ではMSD)は、2020年1月20日、相同組換え修復関連遺伝子変異(HRRm)を有するまたはその疑いがあり、新規ホルモン製剤(NHA)による治療中に病勢進行が認められた転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)の治療薬として、米国でリムパーザ(一般名:オラパリブ)が追加承認申請の受理および優先審査に指定されたことを発表しました。

プレスリリースはこちら