オリンパス株式会社(社長:竹内 康雄)は、福島県立医科大学(学長:竹之下 誠一)と、3次元解析を用いた抗がん剤の薬効評価手法の確立を目指して、2020年1月から共同研究の第2フェーズを開始しました。本研究では、オリンパスの持つイメージング技術、3次元細胞解析技術を駆使し、福島県立医科大学が所有する、さまざまな遺伝子変異を持った肺がん患者由来のオルガノイドに対して、画像を用いた抗がん剤のメカニズム解析や薬効評価を行っていきます。

プレスリリースはこちら