早稲田大学理工学術院の細川正人次席研究員(研究院講師)、竹山春子教授らの研究グループは、多種多様な細菌から1細胞ごとにゲノムを解読する技術「SAG-gel」を開発しました。これにより、細菌の集合体である腸内細菌叢の中から、個々の細菌ゲノム情報を収集し、ホストに影響を与えうる細菌や遺伝子を探索することが可能となりました。

プレスリリースはこちら