東北大学の宇留野 晃准教授(東北メディカル・メガバンク機構)、松丸 大輔助教(遺伝子実験センター、現・岐阜薬科大学)、山本 雅之教授(医学系研究科/東北メディカル・メガバンク機構 機構長)らは、川島 隆太教授(加齢医学研究所 所長)らと協力して、アルツハイマー病の新たな治療へのアプローチに繋がる知見を得ました。

プレスリリースはこちら